RBTS

Reproductive Biology Tokyo Symposium 生殖バイオロジー東京シンポジウム

ごあいさつ

今日の不妊診療の中心は、ARTの応用にあることに異論はありません。
もちろん、そのスタートは、1978年のイギリスにおけるIVFベビー第1号に始まるわけで、当初、卵管性不妊症への最後のアプローチとして脚光を浴びて登場しましたが、その後、顕微授精法の開発と共に、男性不妊症への応用を始めとしてART応用への適応が拡大してきました。
しかし、反面、ARTは生殖生物学の基礎の進歩をいささか遅滞させる結果となり、国際的にもARTの進歩を疑問視する声が上がっています。すなわち、不妊の病態のすべてが解明されているとは言い難い今日の動向として、今後、ARTから一般不妊治療法への微妙なシフトが、国際的にも始動しつつあると考えられます。
不妊治療におけるARTからの、さらなる飛躍を目指して、日常臨床で多く遭遇する難問を討論して頂き、より発展的に活動してまいる所存です。

生殖バイオロジー東京シンポジウム代表鈴木 秋悦

学術集会予告

第18回 生殖バイオロジー
東京シンポジウム

日 程
2019年9月8日(日)8:50~16:30
会 場
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンス

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1-4

共 催
日本臨床エンブリオロジスト学会
大会長

山下正紀(山下レディースクリニック 院長)
西川吉伸(西川婦人科内科クリニック 院長)

詳細はこちら